ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月17日

ベンダーは大事に至らず、パパドプロスは順調

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レバークーゼン|ラース・ベンダーから朗報が届いた。先日のバーゼルとのテストマッチで負傷交代を余儀なくされていた同選手だが、大事には至らなかったことが判明している。
Verletzt: Lars Bender (Nr. 8) musste gegen Basel nach 38 Minuten vom Feld.
水曜日のテストマッチで足首を負傷したベンダー。
痛みで顔を歪め、ピッチを後にすることを余儀なくされたが、しかしくるぶし部分に腱炎が見られることが判明。長期離脱は免れたことが明らかとなった。
そのため近いうちにまた、ベンダーは練習復帰を果たすことになるだろう。
またキリアコス・パパドプロスも順調に回復を見せており、チーム練習にさらに参加を果たせるようになっているところだ。
kicker.de
最近のレバークーゼン関連記事