ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月16日

リュディガー、関節内視鏡手術へ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|レバークーゼン、ヴォルフスブルク、モナコ、ポルト、チェルシー、両マンチェスターなど、多くの移籍先の候補が挙がっているアントニオ・リュディガーだが、これから関節内視鏡を使った半月板の手術を受けることが明かされている。
Zwangspause: Stuttgarts Innenverteidiger Antonio Rüdiger muss sich einem kleinen Eingriff unterziehen.
ただしクラブ側からの発表によれば、決して大掛かりな手術ではないとのこと。

「ちょっとした手術。そんなに長く離脱はしない。全ての関係者が合意した上で、何よりも体調面の回復を大切にしたんだ」と、マネージャーのドゥット氏は述べた。
またシュトゥットガルトによれば、これからおそらく4週間はチーム練習に参加できないとのこと。
なおリュディガーは昨年12月のシャルケ戦で、右膝の半月板を損傷。その際には数ヶ月間の離脱を余儀なくされている。
kicker.de

シュトゥットガルト関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報