Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月15日

酒井高徳:もっとハードに感じるかと思ってましたね

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元紙:Hanburger Abendblatt


ハンブルガー・モルゲンポスト紙は『酒井:もっとハードに感じるかと思ってましたね』と題し、移籍から1週間が経過した酒井高徳の様子について掲載した。
シュトゥットガルト時代以来となる、ブルーノ・ラバディア監督下でのトレーニングを行っている酒井だが「ブルーノ・ラバディア監督のトレーニングですからね、正直もっとハードに感じるかなと思っていましたよ」と述べ、笑顔を浮かべながら「ハンブルガーSVでとても居心地よく過ごしています」と語った。
また先日のテレコムカップ優勝については「僕にとっての初タイトルなんです。とても嬉しいですよ」と喜びを浮かべ、またルームメイトでかつてセレッソ大阪でプレーしたカチャルについては「部屋では日本語で話すときもあるんですよ。ゴイゴは本当にうまくやっていますね」と明かしている。
そして同紙は『ゴイコとゴートク。ハンブルクに新しい名コンビだ』と掲載。
酒井は新たなシーズンに向け、「僕たちは最近は入れ替え戦での戦いを余儀なくされています。もっと後ろを厚く固めていく必要があると思いますね。そのあたりはグラードバッハでの大会ではうまくいっていたように思います。ただそれだけでなく、オフェンス面でも改善が必要です」との見方を示した。
kicker日本語版

日本人選手関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker