ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月15日

ドルトムント、徐々に負傷組が復帰

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|U21代表に参加していたライトナーとギンターが復帰し、ほぼ全ての選手が揃ったボルシア・ドルトムント。その一方で負傷を抱えるシャヒン、ラモス、ブラスチコフスキ、キルヒは、まだ練習参加を果たせていない。

Adrian Ramos
一方で4月終わりに膝の手術を受けたグロスクロイツは、再びチーム練習の大半に参加。
だが筋肉に問題を抱え、アジアツアー参加を見合わせたブラスチコフスキは、まだランニングメニューをこなしているところだ。
そしてフィットネスコーチに指導の下でくるぶしの負傷から回復を目指すラモスは、うまくいけば日曜日から出発するバード・ラガツでのキャンプに参加する模様。
しかしルツェルンとユベントスとのテストマッチは、まだ時期尚早である。
なおラモスにはインモービレの移籍により、今季はさらなる期待がかかっているところだ。
kicker.de

最近のドルトムント関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報