ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月14日

言語もプレーもフレキシブルなソーレンセン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|ケルンと4年契約を結んだフレデリク・ソーレンセンが最初の練習に参加。プレーのみならず、言語でもフレキシブルさを見せている。

Frederik Sörensen
「僕はここにプレーするために来た。大きなチャンスだと思っている」と、ユベントスから加入した23歳は語った。
「監督に使えるところを納得してもらいたい。確かに3・4人のCBは控えているけれど。僕は空中戦に強く、戦術面でもいい教育を受けている。チームプレーヤーであり、加えてイタリアでの経験も持ち合わせているよ」
しかし最近2シーズンでは、あまり出場機会には恵まれなかった。しかしソーレンセンはこのことをデ・メリットだとは考えておらず、冗談まじりに「2年間ゆっくりできたから、たくさんプレーする準備ができているよ」と述べている。
なおドイツ語を学校で5年間勉強していた同選手は、ドイツ語と英語を交えながら対応。ただしフレキシブルなのは言語だけではない。
「僕は右SBとしてもプレーしたことがある。ただベストポジションはCBだけどね。その右のほうを好んでいるけど、でも左でも大して関係はない」
そんな移籍金250万ユーロで加入したDFは、目標とする選手としてファーディナンド、そして同じデンマーク出身のダニエル・アッゲルの名前を挙げた。
「デンマーク人選手にとって、彼はデンマーク人として高いレベルでもやっていけるという一番いい例となる選手だよ」
kicker.de

最近のケルン関連記事