Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月14日

ダ・コスタ「餌食にはなりたくない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴルシュタット|2014年10月に行われたデュッセルドルフ戦で脛とふくらはぎを負傷、残りのシーズンを全休することなったダニー・ダ・コスタだが、22歳の誕生日を迎えた月曜に復帰をはたした。
Danny da Costa
「僕にとっては、新しい船出といった意味でもあるね」と語った22歳は、負傷したときについては「今日まであの場面は見ていない。これからもみないだろう。
あの時あまり周りは話をしていなかったけど、でも医師の態度をみてすぐに何が起こったのかわかったんだ。本当に辛かったよ。」と振り返った。
「クラブ、そして家族や近い友人たちのサポートに、とても感謝している」
これからは「まだ元のレベルに戻るには時間がかかる」ダ・コスタだが、「でも開幕でプレーできるチャンスはあると思う」ともコメント。
昇格組の一員として迎えるシーズンを前に「バイエルンを苦しめるようなことなんでできないけど、でも怖気付く必要だってない。僕たちはいいチームだし、力もわかっている。これから戦いに臨むよ、むざむざあそこで餌食になるために行くのではない」と意気込みを語った。

kicker.de
最近のインゴルシュタットの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker