ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月13日

ブレーメンの若手2選手はキャンプに帯同せず

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|26名のトレーニングキャンプ参加選手の中に、若手のメルヴィン・ロレンツェン、そしてマーノン・ブッシュの名前がなかった。そしてスクリプニク監督は、これは苦渋の決断だったことを明かしている。
Marnon Busch
「心が痛むね。彼らのことはU23での監督時代、そしてユースのころから知っているのだ。だから今回の決断というのは、私にとってとても厳しいものだったよ。しかしサッカーは厳しい世界なんだ」
ブッシュは現在、右SB争いでは3番手に甘んじており、この状況はあまり意味のあるものではないと判断。
またロレンツェンに関しては、長期離脱を考慮した「用心のため」(アイヒン氏)の措置であり、「メルヴィンは今後、とてもいい役割を演じていくことになるだろう。ただしっかりと、安定して作り上げていかなくてはいけないんだ」と、スクリプニク監督は語っている。
ただし長期的な決断というわけではなく、マネージャーのアイヒン氏は「若い選手にとっては、トップチームを行き来することは普通のこと」との見方を示しており、スクリプニク監督も「選手たちは、何も決め付けられたわけではない、それはわかっているよ」と付け加えた。
kicker.de
ブレーメン関連記事