Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月12日

テストマッチ:7月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|7月12日のテストマッチの結果。酒井高徳はテレコムカップ決勝に先発出場して見事優勝、酒井宏樹は後半から出場している。
ホッフェンハイム 14:0 ツーツェンハウゼン(V)
ヴォルフスブルク 1:1 レヒア・ダンチヒ(ポーランド1)
インゴルシュタット 0:1 ショルツ・グレーディヒ(オーストリア1)
グラードバッハ 4:5ex. ハンブルク(テレコムカップ)
バイエルン 1:2 アウグスブルク(テレコムカップ)
ハノーファー 4:0 ライネベルクランド選抜
グラードバッハ 4:3ex. バイエルン(3位決定戦)
ハンブルク 2:1 アウグスブルク(決勝)


頑張ってはいたが、しかし疲れていたね。確かにしっかりとしたテストではあったよ、うまくやられた。ただ大会の結果は二の次。シーズンに向けてフィットネスを上げていくことと、ベースを構築していかなくては。
ELを戦うことは本当に楽しみだ。ここ数年間で僕たちががんばった、そのボーナスだよ。うまく対処していきたいね。ただ集中するのは、あくまでリーグ戦だ。僕たちはできるだけ早いうちから、勝ち点を獲得していきたいと思う。
MF:ルイス・ホルトビー(ハンブルク)
もちろんこの結果をオーバーに考えるわけではないさ。でもピッチでは最近取り組んできたことが、しっかりとしたプレーできていたように思うね。そして前線でもいいコンビネーションが図れたよ。
オフェンスに関してはとても良くなっているね。結果は非常に素晴らしいものだ。これから数週間に向けての力になってくれるだろう。
20分で相手にとてもいい形でく試合に入らせてしまった、コーナーは6・7つはあったのではないか。ただうちにはCBがいなかったから、相手の方に高さがあったね。
アウグスブルクは、彼ららしい戦い、成功を収めてきたそのプレーを見せていたように思うよ。
今日はあまりよくはなかった。こういうことはブンデス1部での戦いでは、あまりあってはならない。時々下がって、試合を落ち着かせなくてはならなかったと思う。たしかにそれは我々はあまり得意とはしていないんだけどね。我れ割れが求めていることは、みんなで持ちこたえるということ。そのための力が不足していたのさ。ただこの時期では全く当たり前のことではあるのだが。それと相手は間もなく開幕するし。ヒュブナーがフル出場したのは、左サイドには彼しかいないからだ。
カウンタについては僕自身、切り替えていかないといけないね
キャンプに関しては全く希望通りに進んでいるよ。これからは比較的試合が重なってくる。それでも練習のリズムを高く保ち続けていきたい。二次キャンプで仕上げに入る。そこでハル・シティ、戻ってきてからはサンダーランドとの試合が控えているんだ。そこでは何人かの選手がフル出場することになるよ。そんな感じで作り上げていく。
kicker.de
(1)…1部、(2)… 2部、(3)… 3部、(R)… レギオナルリーガ、(O)… オーバーリーガ、(V)… B)… ビツルクスリーガ、(K)… クライスリーガ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker