ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月12日

ルメニゲ氏「リベリに光が見えてきた」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|長期離脱を余儀なくされているフランク・リベリだが、間も無くの復帰に期待が持てそうだ。ルメニゲCEOは「注意深くはいるのだが、トンネルの先が見えてきたとは言えるだろう。そう遠くないうちにピッチにいると思うね」と語った。

Matthias Sammer und Franck Ribery (re.)
足首に炎症を抱えたリベリは、3月11日を最後に離脱している。そして最近では安静させるためにギプスを装着していたのだが、それもすでに外すことができた。
検査の結果「炎症はギプスでおさまった」とルメニゲ氏。「数週間かけて復調を目指すことになるよ」
いつ32歳のウィンガーが復帰するのか、それはまだ定かではない。昨季同選手は23試合に出場し、9得点をマークしている。

kicker.de
最近のバイエルン関連記事