ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月12日

新たな方向性を歓迎するフンテラール

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|ここ2試合のテストマッチで、2トップを採用しているブライテンライター監督。FWのフンテラールは「すでにシグナルを見せているよね」との見方を示した。「FWとして攻撃的にプレーしたい。1:0より4:3の試合の方が好きだね」
Hat im Test gegen den Wolfsberger AC getroffen: Schalkes Klaas-Jan Huntelaar.
プレスを重視するブライテンライター監督のサッカーの中では、フンテラールも多くのことが要求される。FWとして早いうちからボールに向かってアタックを仕掛ける必要があるのだ。だがそれはフテラールにとって問題ではない。
「ボールを相手のディフェンスと中盤との間で奪えれば、ゴールまでの距離は当然短くなるからね」
ここまでフンテラールは、テストマッチの2試合で得点を決めたシャルケ唯一の選手だ。
ただこのシャルケの新たな方向性では、多くのランを求められることも事実。最初の準備期間ではその取得を目指しており「かなりの練習だよ」とフンテラールは吐露した。
しかし不満などない。
「これで僕たちはもっと体を作ることができるし、ハードな仕事のあとには笑顔が待っているものさ」
そして、シャルケのオフェンシブなサッカーを味わったクラブからは、逆に笑顔が消え失せることになるだろう。
kicker.de
最近のシャルケの関連記事