ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月11日

ベングトソン「今までの中でもよりハード」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|先発10試合、途中出場3試合、2アシスト。加入から半年間で収めた、ピエル・ベングトソンの結果だ。そして今夏では、代表戦での勢いもあり、意気揚々とチームへと合流している。
Pierre Bengtsson (rechts, hier mit Christoph Moritz)
「既に練習で高いテンポをもって取り組んでいるね。とても良い感じだよ」
合流が遅れたのは代表戦の影響からだ。同選手はスウェーデン代表として2試合に出場、その中の1試合W杯予選モンテネグロ戦では3:1と勝利を収めている。「あれは重要だった。これでロシアと勝ち点差4。いい場所にいるよ」なお9月8日には首位を走るオーストリア戦が控えている。
ベングトソンとしてはその時まで、マインツでしっかりと印象を残しておきたいところだ。「もっとプレーしたい。それははっきりしているし、もっと成長したいね」
だがまずはその前に、今夏でそのベース作りを行わなくてはならない。そこでは多くのことが山積みだが、それはこれまでのキャリアでは味わったことのないものだったと吐露している。「コペンハーゲンでやったものよりも、少しそれ以上という感じだね」とベングトソン。
しかしこのテンポなどはそのうちに慣れる、それも自分の中ではしっかりと理解している。
kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報