ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月11日

アジアツアーでも準備に余念がないドルトムント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|アジアツアーの目的はチームのPRにあり、その企画の一環としてシンガポールでは、アジアでスターの階段を上るロイス、香川真司、そして主将のフメルスがイベントに参加した。

Marco Reus kommt in Asien gut an.
トゥヘル監督は「ファンの熱狂は特別なことだよ」と述べ、さらにスボティッチは今回のツアーをスマイルツアーを命名、「素晴らしい経験だ。僕たちはさらに1つになっていける」と語っている。
ドルトムントは今回の期間でのトレーニングにも重点を置いており、数多くのPR活動がありながらも、決して練習をおこそかにすることはない。トゥヘル監督はこの2週間で前進を遂げていると手応えを感じており「選手たちは高いクオリティを持っているし、彼らはそれを発揮する準備ができているよ。
彼らは我々の要求に真摯に向き合い、そして今はみんな楽しむというメンタリティも持っている。自分を冷静に保ち、そして非常に集中して取り組んでくれているんだ。これまでの5度の練習はとてもレベルが高く、しっかりと練習を行えている」と評した。
実際に選手たちは、川崎フロンターレ戦からわずか二日後のマレーシアでのテストマッチでもジョホール・サザン・タイガースに6:1と大勝を収めている。「あの気候の中で6得点をあげたんだ、そして支配して試合していた。とても満足できるものだよ」
kicker.de

最近のドルトムント関連記事