ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月10日

長谷部ら代表組、月曜から合流

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルト|土曜日で打ち上げとなるフランクフルトの一時キャンプ。ここまでは来季に向けて、アスレティック関連に集中したトレーニングを行ってきたが、ここまでは負傷者を出さずに過ごせている。そしてさらに月曜日からは代表参加選手、長谷部誠、セフェロヴィッチ、カドレツ、そしてバライェフが合流する予定だ。





Makoto Hasebe
なおカドレツは日曜日にフランクフルトへ戻ってきた後、U21欧州選手権にて負傷したくるぶしを検査。そこで長谷部らとともに、月曜に行われる乳酸テストへの参加の可否が判明する。
またフェー監督は、ここまで一時キャンプでは特に負傷者を出さずに済んでいることへの喜びを語った。「ここで1週間練習して、それから怪我で3週間やすんで、また取り組んだって仕方がないんだ。重要なことは継続していくことだよ」
今回のキャンプでは、あまりボールを使わずにアスレティックトレーナーの下、23名の選手達は身体をいじめ抜いた。それでもこの間で行われた2試合のテストマッチでは、フランクフルトはいずれも快勝を収めている。
ボールを使った練習が多くなる二次キャンプは7月18〜25日に実施。これにはコパ・アメリカ参加組のザンブラーノとバルデスが参加予定となっており、その一方でゴールドカップに出場するチャンドラーに関しては、米国代表としての試合が終了してから合流の予定だ。
kicker.de

フランクフルト関連記事