Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月10日

ルメニゲ氏、放映権料アップに必要なのは「競争力」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|月曜日に5試合?日曜日に5試合?バイエルンのカール=ハインツ・ルメニゲCEOは2017/18シーズンの開催日時の変更アイデアに懐疑的な姿勢を見せた。同氏は放映権料を上昇させるためには、1つの方法しかないと考えている。
Karl-Heinz Rummenigge
「開催日時の変更程度では、大きなお金を手にすることなどできんよ。むしろ競争力を高めるということだ」と、木曜日にルメニゲCEOは持論を展開した。

「我々はプレミアの道を歩むべきさ。もっとペイパービューのTV市場で視聴者を獲得するということ。そういった部分での競争力を上げて、放映権料の上昇をはかるのだ」
DFLが2017/18シーズンからの放映権に向けて、開催日時の調整もオプションとして考えていることは既に知られている。特にそれは海外にファンを持つクラブを意識してのことだ。
なお現在の放映契約は2016年で切れ、新たな契約では初めて1億ユーロの壁を突破するとみられている。

kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker