Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月10日

アランギスの獲得交渉、長期化は必至

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レバークーゼン|チリ代表チャールズ・アランギスの獲得を目指しているレバークーゼン。同選手も移籍を希望しているが、しかし移籍交渉は長期化を避けられない状況にある。
Charles Aranguiz
1つ目の理由はコパ・リベルタドーレス。南米のCLに相当する大会だ。現在インテルナシオナルは出場中であり、アランギスはこの大会を終えてから休養に入ることになる。
もう一つの問題は移籍金。同選手にはスペインやプレミアから高額のオファーが寄せられているようだが、しかしそれでもレバークーゼンにも好材料はある。CLプレーオフを勝ち抜けば、CL出場という条件を提示することになるのだ。
たしかに前述の理由からアランギスをプレーオフに含めることはできない。
しかしブンデス開幕、加えて代表戦などタフな9月の初めには、どのような選手でもチームにとっては助けとなるものである。

kicker.de
最近のレバークーゼン関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker