Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月09日

ギュンドアン「僕たちは良い形で来れている」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|アジアツアーの次の目的地であるシンガポールに到着したドルトムント。その数時間後にイルカイ・ギュンドアンは、新たなシーズンに向けての意気込みを見せた。さらにマッツ・フメルスも将来についての考えを述べている。

Ilkay Gündogan (li.) im lockeren Gespräch mit Mats Hummels
今回のツアーはマーケティングが目的ではあるが、しかしギュンドアンは「どの練習だって、今は僕たちにとって重要なものなんだ。それはここアジアで行っていてもね」と語った。
今季のドルトムントはCLではなくELに出場。それでもギュンドアンは「ドルトムントは欧州でトップクラブの1つ。もしくは少なくとも良い形でその方向に向かっていると言える、またそうなるよ」と復活への自信を覗かせる
それでもドルトムント移籍を考えていたドイツ代表。しかし移籍交渉はうまくいかず、またヘルト新監督との話し合いの末、チームに残ることを決断した。
またマッツ・フメルスにも、マンUからの関心が伝えられている。「僕はここにとても長くいるし、別にいつまでという期限を作っているわけでもない」と語ったCBは、「ただ将来のことを口にするのは難しいんだ。それでも僕はずっとここにいたよ。7年間ね」とコメント。
その間監督を務めていたクロップ氏は、今夏にチームを去った。果たしてトゥヘル監督の印象はどうか?

「トゥヘル監督の10日間と、クロップ監督の7年間を単純に比較するのは難しいよ」とフメルス。ただ何より重要なことは「今季に向けて良い形で準備を行うこと。それは昨季はできなかったんだ」と語った。
kicker.de
最近のドルトムント関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker