ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月08日

香川と丸岡、母国のファンの前でゴール

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|現在アジアツアーを行っているボルシア・ドルトムントには2試合のテストマッチが控えているのだが、火曜日にはその最初の試合となるJリーグの川崎フロンターレ戦が行われた。



Shinji Kagawa (Mitte) feiert seinen ersten Treffer mit den Mitspielern.
これまでドルトムントはランデスリーガのVfLレーデ(5:0)戦、そしてドイツ五輪代表選手選抜『チーム・ゴールド』戦(17:0)の2試合を消化。そのため今回は、ドルトムントにとって最初の力試しといった所であった。

なお今回のアジアツアーには、負傷を抱えるシャヒン、ラモス、グロスクロイツ、ブラスチコフスキに加え、代表戦に参加していたライトナーとギンターも不参加。
そこで川崎フロンターレ戦では、トゥヘル監督は丸岡満、さらにダブルボランチの一角にヴァイグルと、二人の19歳の選手を先発起用している。
香川が2得点
母国凱旋となった香川真司と丸岡は、喜びに満ちあふれたプレーを披露した。川崎は開始4分にレナートがチャンスをつかむも、その数分後にはピシュチェクの右からのクロスに、香川が頭で合わせて先制。
その後は意欲的な川崎がレナートが二つの同点のチャンスをつかみ、一方のドルトムントでは大きなチャンスは8分の丸岡と25分のロイスと、なかなかリードを広げられない時間が続く。
しかしここでも香川真司が決めた。36分にロイスがPA左から切り込むと、ゴール前の香川へとお膳立て。これでドルトムントは2点差で折り返している。
Mitsuru Maruoka魅せたドルトムント、オーバメヤンも2点
後半ではトゥヘル監督は、丸岡を除く10選手を入替え。そのなかでもオーバメヤンが大爆発し、53分に相手DFが弾いたボールをうまくゴール前で合わせて1点を取ると、その4分後には再びオーバメヤンがシュメルツァの左からのセンタリングを決めて2得点目。
そして後半59分にはもう一人の日本人、丸岡もゴールを決めた。オーバメヤンがヒールでつないだボールをミキタリアンが前を走る丸岡に絶妙なパス。これで抜け出しGKと1対1となった丸岡は、ゴール左隅へと冷静に決めてドルトムントは5−0に。さらに79分にスタンコビッチがダメを押して、結局6−0と大勝を収めている。
89分には川崎フロンターレにも一矢酬いるチャンスはあったのだが、しかしここでヴァイデンフェラーが立ちはだかり、無失点のまま試合は終了した。
木曜日にはアジアツアー2試合目となるテストマッチ、ジョホール・サザンタイガース戦が日本時間22時15分より行われる。
kicker.de
最近のドルトムント関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報