ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月07日

ドイツGK教室を歓迎するフェアマン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|監督交代に伴い、GKコーチもジモン・ヘンツラー氏に代わったシャルケ05。38歳の新コーチはこれまでキール、パダーボルンを歴任。前任のバッタラ氏はフィオレンティーナやマンCなど国際経験が豊富だったが、しかし言語の問題からフェアマンは今回の交代を歓迎している。


Ralf Fährmann, Simon Henzler (re.)
「説明するのは難しいんだけど、でもとにかく英・イタリア流から、ドイツのゴールキーパー教室に戻ったことが嬉しいんだ。コーチと選手が言葉を共通することができればそれはいいことだよ。しっかりと取り組むことができるし、またGKの練習を楽しめる。以前そうだったようにね。」
二人の違いはいったい何なのだろうか?
「今は再びよりパワーに取り組み、もっとシュート練習や対人戦を行い、そして反復練習を実践する。こういった練習はたしかにストレスが強いけどね。マッシモ氏の下では、もっとセットプレーの練習をしていたよ。それもしているけど、でも準備期間ではよりフィジカル面が重要だと思うんだ。跳躍力、スタミナ、スピード。セットプレーに関しては、少し洗練していく感じだと思うよ」
そしてフェアマンは、ヘンツラー氏によってシャルケすべてのGKが恩恵を受けることになるとの見方を示した。
なおシャルケではさらにGKの補強を目指しており、年齢にかかわらず、フェアマンのバックアップを務められ、そして定位置争いのプレッシャーをかけられる選手の獲得を考えている。
kicker.de
最近のシャルケの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報