ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月07日

キャリアの岐路に立つムラパ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラードバッハ|先日のコブレンツとのテストマッチで先制弾を挙げたパニエル・ムラパ。だがこれでグラードバッハでのチャンスが広がるということはない。2016年まで契約を残す同選手は、既に移籍することで互いに合意しているところだ。
Peniel Mlapa im Testspiel gegen Koblenz
ただし得点によって、他クラブからの注目を集めるアピールにはなるとは言えるだろう。
「FWにとって、得点することは悪くない。力を示せるのはいいことだ」とムラパは語った。
1860ミュンヘン、ホッフェンハイム、そしてU21代表。ここまでは将来有望な若手FWとして順調な歩みを見せていた。しかし2012年に移籍したグラードバッハではうまくことが運ばず、さらにレンタル移籍した2部ニュルンベルクでも苦しい時間を過ごす結果となっている。
「問い合わせはあるんだ」とムラパ。
今回の決断がいかに重要なものであるのか。それは選手自身がよくわかっている。何としてもここで、再び上昇気流へと乗せていきたいところだ。
kicker.de
最近のグラードバッハ関連記事