Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月06日

ランゲラクが大腿筋を負傷

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|間も無く一次キャンプの打ち上げというところで、新戦力ミッチェル・ランゲラクが大腿筋の負傷により離脱することが明らかとなった。
Mitchell Langerak wird am Sonntag im VfB-Training behandelt
同選手は大腿筋裏の筋肉を負傷した模様で、まだ度合いなど詳細は判明していない。
ここまでいい印象を残していたランゲラクだが、しかし長期の離脱に入るならばもう一人の新戦力ティトンが先発争いから1つ抜け出すことになるだろう。
さらに第3GKヴラホディモスにも影響を及ぼすかもしれない。首脳陣は21歳のGKに実践経験を積ませるため、3部のリザーブチームもしくは2部へのレンタルを検討しているところだった。
その一方で酒井高徳とコンスタンティン・ラウシュの移籍が迫っている。酒井はハンブルクで、ラウシュもダルムシュタットで月曜にもメディカルチェックを受ける模様だが、ドゥット監督は「今の所は、彼らはシュトゥットガルトの選手だ」と述べるに留まった。
kicker.de

シュトゥットガルト関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker