ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月05日

トゥヘル監督「ギュンドアンが残って嬉しい」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|今シーズン初のホーム戦となった今回のテストマッチでは、多くの拍手とともに、一度延長に断りを入れたイルカイ・ギュンドアンに対するブーイングも起きていた。トゥヘル新監督は、同選手の残留への喜びを語ると同時に、ブーイングを行ったファンへの理解も示している。



Ilkay Gündogan
「観客からの反応については、少し理解できるところがあるようにも思う。メディアでは本来の形とは別に報道されていたからね」とトゥヘル監督は語った。
「しかし私は彼との延長を望んでいた。私と彼はとてもオープンに話し合いをしたよ。常に明確に伝えてくれていたし、時間も約束も守っていた。彼がここにいてくれて嬉しいよ。ちょっとしたファンからの洗礼で、もう十分だろう。」
これ以上はこのことについて触れたくはないという姿勢を見せたトゥヘル氏は、話を始めてのホームでの大観衆の前での試合へと移していった。「我々コーチ陣にとっても励みとなる。こういうものを感じたい、そしてエネルギーと力を呼び起こしたいと思っているからね、今シーズンを通じてそれを受けられるように。」
また昨季主将を務めたフメルスについては「今の所は、そのことに反対する必要もないね」との考えを示し、
最初の1週間について「今はお互いに知り合ったという感じだ。ゆっくりとお互いのためにという意識、1つのチームとしての意識を高めていっている。それはコーチ陣にとっても同じことだ」と振り返っている。
kicker.de


最近のドルトムント関連記事