ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月05日

新たな刺激を与えるハイネケ氏

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|今回のキャンプでは、新しくブレーメンに加入した人物が練習に刺激をもたらしている。「クロスフィット」という手法を取り入れているアスレティックトレーナーのイェルン・ハイネケ氏だ。
Setzt viele neue Anreize im Training des SV Werder: Athletikcoach Jörn Heineke.
「選手のいじめ方は知っているよ。むしろコンディショニングトレーナーに、何の嫌な気分も抱かないのであればその方が問題なんだ。初日から両足に重さを感じなくてはならないものなんだよ」と、ハイネケ氏は語った。
しかし自身のことを「鬼コーチ」とは考えていない。
「ただ選手にとってベストフレンドになる必要はないと言っているんだ。我々はプロの世界にいる。選手たちは仕事をこなしているので会って、今回のキャンプではとにかく土台を作り上げることを目的にしているのさ」
自身に課せられた課題は「できるかぎり、今シーズン怪我のないように過ごさせること」にある。
「クロスフィット」はアメリカで考案されたトレーニング方法で、米国代表監督のクリンスマン氏が取り入れたことでドイツで知られており、ハインケス前バイエルン監督も採用した体幹トレーニングだ。
ロレンツェンは「新しい刺激がたくさんあるね」とコメント。
「選手たちはどう負担がかかっているのか、まったく気がついていないだろう。全ては動きの中に取り込まれているんだ」と語ったハイネケ氏は、「もっと力を出し切って、そして何ができるのかを知ることになるはずさ。そして弱点が強化していく時、そこでは常に満足感を得られるものだよ」との考えを示した。

kicker.de
ブレーメン関連記事