ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月02日

フェー監督「トラップの決断は数日以内」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルト|ユーモアを決して忘れることのないフェー監督は「乳酸テストはあまり好きではないね。誰も楽しいものなんていないだろう」とニヤリ。2部練習は猛暑の中で15時から行われ、この日は3人の新規獲得選手の姿も見られた。

Er ist von Frankfurt beeindruckt: Luc Castaignos.
この日に姿を見せていない選手は12名。負傷している選手(マイアー、カドレツ、キッテル)と、代表戦に参加した選手(ザンブラーノ、バルデス、チャンドラー、ヴァルトシュミット、長谷部誠、シュテンデラ、セフェロヴィッチ、バライェフ)。逆に新戦力のライナルツ、リンドナー、そして獲得したばかりのカステグノスの姿はあった。また人数調整のために4人の若手選手も参加している。
なおカステグノスは既にレバークーゼン戦を観戦していたとのことで、スタジアムの雰囲気はプレースタイルに観客席から感銘を受けていたという。「ここにこれて嬉しいよ。アイントラハトはファンタスティックなファンを持つ、大きなクラブだ」フェイエノールトやトウェンテでプレーした同選手は、エールディビジで131試合に出場し52得点。移籍金250万ユーロで、最大400万ユーロになる可能性も含まれた。
ここませのチーム作りに満足しているフェー監督だが「そこまで大きな入れ替えを行うことはないが、しかし何人か必要な選手はいるよ」その視線にあるのはCBと、カステグノスのプレー可能ではあるが左のウィングだ。なお今回の予算は3800万ユーロであり、就任最終年度よりおよそ800万ユーロ上乗せとなっている。
またケヴィン・トラップの移籍により、さらに資金を手にすることになるかもしれない。フェー監督はまもなく決断を下すとの考えを示した。「決して待ち続けるようなことはしない。チーム内では数日以内に決断を下すよ」
それ以外の選手では、とりあえずは放出する考えはない。自身が不在の中で加入した選手については、直接チェックをして判断を下す考えだ。ただ契約が切れたアレクサンダー・マドルングは残留する模様で、 ザンブラーノについてもフェー監督は残留に期待した。
kicker.de

フランクフルト関連記事