ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月02日

シュラウドラフがファンに別れ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー|先月末でハノーファーとの契約が切れたヤン・シュラウフドラフが、クラブ公式ページにて「さよなら」を告げた。

Jan Schlaudraff
「ここにユニフォームを脱ぐに当たって、みんなにこれまでのサポートへの感謝を述べたい。この7年間はエキサイティングな、様々なことを経験してきた」
その中にはロベルト・エンケの自殺、その一方でハノーファーでの欧州の舞台での飛躍もある。「ファンタスティックな試合や経験があった、そして悲しみに包まれた日もあった。とにかくハノーファーでは多くことがあったよ。その中でできれば僕は、クラブにお返しができていればと願っている。」
アーヘン、グラードバッハ、バイエルンなどを渡り歩き、ハノーファーでブンデス140試合に出場、17得点をマークしてきたMF。
「全力を出していないという印象を持っていた人もいるかもしれない。でもこの長い時間が過ぎ、僕が自分のスタイルで常に成功のために全るよくを尽くしていたのだとわかってもらいたい。」
これからについては「今日ではまだ現役続行については口にできないんだ」と述べ、ハノーファーの役職につくことも噂されるが「ここのエリアは自分の故郷のように感じている。僕はハノーファーの1部であることをとても楽しむことができた、それは主力である時も、そうではない時もね。」と述べた。

kicker.de


最近のハノーファー関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報