ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月01日

トゥヘル監督が初練習を実施

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|トーマス・トゥヘル新監督は、火曜日は軽めのトレーニングを執り行った。月曜日から始動したドルトムントは、今のところはまだパフォーマンスの分析に重点を置いている。

Thomas Tuchel
特にインタビューに応じることのなかったトゥヘル監督。練習開始の10時よりも1時間半早く到着し、練習内容について様々思いを巡らせていた。
そしてドルトムントとして初めての練習は10時15分にスタート。だが特に真新しいことは見られていない。
今回の練習には18選手が参加。カストロやビュルキ、ヴァイグルらが暖かな陽気の下、様々なフォーメーションでプログラムをこなしていた。代表参加のソクラテス、オーバメヤン、香川真司はまだ不参加。さらにインモービレは出産のため、U21欧州選手権に参加したギンター、ライトナー、ヨイッチ、負傷を抱えるシャヒンやラモスも不在となっている。
2時間半に及ぶ午前の練習が終わったのち、午後からグロスクロイツが練習場へと姿を見せた。ひざを手術した同選手は、自身のインスタグラムにて「ひざが悪化した」ことを伝えているが、この日はランニングを実施。しかしまだチーム練習復帰の時期は明らかになっていない。
そのほかの選手たちは2部練習をこなしており、最初のテストマッチは金曜、ランデスリーガのVfLレーデと対戦する。
kicker.de

最近のドルトムント関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報