ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月01日

酒井高徳、ハンブルクと3年契約か

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大衆紙:Bild

大衆紙B ildは、酒井高徳がハンブルクと3年契約を結ぶと報じた。移籍金額は70万ユーロ、次回移籍の際には一部がシュトゥットガルトに渡る内容になっているという。




日本代表として23試合に出場している酒井は、週末にドイツへと渡る予定となっているものの、同紙によれば直接キャンプ地(7月4日スタート)に向かうのか、それともハンブルクに来るのかは未定だという。

なおハンブルクでは、両サイドにディークマイアーとオストルツォレクを抱えており、ビルト紙は酒井はその二人に対するさらなるオプションになるとの見方を示している。

さらにハンブルクでは若いゲッツやマルコスも控えているところだ。

ドイツ人の母と日本人の父を持つ、ニューヨーク生まれの酒井は、「ラバディア監督時代に飛躍を遂げて、ドイツ代表候補にまで挙がった選手」と同紙は紹介、「だがラバディア監督退任後は下降線を辿った」とも見ており、今回の恩師との再会が浮上のきっかけになれば、両者にとってよろこばしいことだ、と記事を結んだ。
kicker日本語版

日本人選手関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報