ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月31日

ハントがハンブルクへ移籍

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|アーロン・ハントがヴォルフスブルクを後にし、再びドイツ北部へ戻る事となった。だがその先は古巣ブレーメンではなく、ライバルのハンブルガーSVだ。



Neu-Hamburger: Aaron Hunt wechselt vom VfL Wolfsburg zum HSV.
「アーロンにとって、ここでの時間は負傷の繰り返しで決して容易なものではなかっただろう」ブレーメン時代から知るアロフス氏は、ハントのヴォルフスブルク時代についてそう述べた。

ヴォルフスブルクでは21試合に出場して2得点をマークしたハントは、今回の移籍にあたって「ハンブルクへ移籍するチャンスを与えてくれた、クラウス・アロフス氏に感謝 の気持ちを伝えたい」とコメント。

ハンブルクを決めた理由については「ハンブルクはとても熱心に声をかけてくれた。ラバディア監督、そしてクネーベル氏とはとてもいい話し合いができたよ。」と説明している。

一方、ハンブルクはラバディア監督は「移籍市場が閉まるギリギリで、クオリティをもった選手の獲得に成功してとても嬉しいよ。アーロン・ハントは、確実に我々にとって即戦力となる選手だ」と、喜びを語った。


ブンデス215試合に出場している28歳は、ここまで46得点44アシストをマーク。これまでにキャリアのハイライトは主将も務めたブレーメン時代で、2006年と2009年にポカール制覇を成し遂げたほか、ジエゴ、フリンクス、ピサーロらと共に2009年UEFA杯決勝進出を果たした。
kicker.de

ハンブルク関連記事