ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月25日

チームに規律を求めるシュテーガー監督

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|ヴォルフスブルクから勝ち点1を確保し、開幕2試合で勝ち点を4としたFCケルン。シュテーガー監督は「この結果で満足できないなら、これから大変だよ」と語った。



Peter Stöger
シュトゥットガルト戦では勝利こそ収めたものの「選手間の間隔が開きすぎていた」と見ていた同監督。

「そんなことはヴォルフスブルクを相手には許されなかったのだが、とてもコンパクトに、そして精力的にプレーしてくれたよ」と賛辞を贈った。

この試合でケルンは、素早い切り替えから早くフィニッシュまで行っており、リスクをかけない形でカウンターを実践。

その一方でシュテーガー監督は、出場機会を得られない選手たちについても気にかけているところだ。

「細かく気遣い、選手を理解し、そして敬意を持って希望を与えるということだ。フラストレーションは監督には構わないがチームメイトにはいけない。チームが持つ雰囲気のクオリティは先発11人ではなく、それ以外の10人によるものなのだよ」

Stadionverbot: Gegen Hamburg wird nicht jeder Kölner-Fan ins Stadion dürfen.拘束者のうち大半がケルンのファン

先日のヴォルフスブルク戦での騒動で拘束された人物のうち18名が身元が判明、そのうち17名がケルンのファンである事が明らかとなった。
そこでケルンはまず、該当者の次戦でのスタジアム入場禁止処分を決定。ちなみにその中には二人のボーイズ・ケルンのメンバーも含まれている。
今回の騒動では警察などによる素早い介入により、負傷者などを未然に防ぐ事ができたが、ケルンは今後もこういった人物に対し措置を行い、また対話による改善も目指していく考えも明らかにしている。

kicker.de

最近のケルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報