ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月24日

ケルンのファンが再び騒動

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|再び全てのファンクラブが入場可能となったヴォルフスブルクとのホーム戦で、またしてもファンとの暴動が行われていたことが明らかとなった。


Kölner Fans
クラブ側の発表によれば、両方のクラブのファンが互いに挑発行為を行っていたとのこと。今回の騒動では警察が間に割って入り、20名が拘束。その中にはボーイズケルンのメンバーも含まれていた模様で、20名とも出入禁止処分にすることを既にケルンは示唆している。
Kölns Präsident Werner Spinner
会長:シュピナー
聞いてとても驚いたよ。そんな輩がいたとは。しっかりと対処するよ。
ファンクラブがルールを遵守することを宣言したことは最初のステップだ。ただ全てが今日明日でうまいう行くわけではないんだ。徐々に改善されていくものだよ。今後もまたこのようなことは起こってしまうだろう。それでも私は急進的なファンとの対話を通じて、状況の改善がはかっていけるものと確信している。
こういったことを行っているのは少数なんだ。スポンサーに対しても対話形式で行っていくことは理解してもらっているし、明確な線引きを行うことは正しいとも理解してもらっているよ。ただ些細なこととして片付けるつもりもないし、大騒ぎするつもりもないんだ。
kicker.de

最近のケルン関連記事