ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月21日

時間を要するチャンドラー、長谷部が再び右 SBか

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルト|右SBティモシー・チャンドラーについて、フェー監督は「彼はスピードと勇気を併せ持つ選手。だがまだ体調が戻っていないんだ。練習と試合の90分は別物だよ」と語った。

Timothy Chandler
米国代表としてゴールドカップに参加していたチャンドラーは、今オフ遅れて合流しておりその分を取り返しているところにある。
「当然彼はオプションだ。昨シーズンはしっかりとプレーしてたんだから」と指揮官は述べている。
それまでは長谷部誠と開幕戦途中からプレーしたイグニョフスキがプレーすることになるだろう
「イギーはプレーできるよ」
ただ二人ともボランチを本職とする選手であり、長谷部は前節の後半で前に上がったが、その意図についてフェー監督は「むしろ乾貴士がしなくてはならなかったことだ。中盤を厚くしたかったんだよ」と述べている。
そのため第2節アウグスブルク戦でも、右SBの先発候補は長谷部誠ということになるだろう
kicker.de

フランクフルト関連記事