ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月20日

ロイスとピシュチェクが欠場

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|水曜日にELプレーオフ第1戦オッズ戦を戦うため、ノルウェーへと向かったドルトムント一行。だがそこにマルコ・ロイスの姿がなかった。update

Marco Reus
トゥヘル監督によれば、ドイツ代表MFは開幕戦で足に打撲を受けていたとのこと。
また木曜日は人工芝でプレーすることから、関節への負担を考慮し「念のため」欠場させることにしたことを明かした。
そのため日曜日に行われるインゴルシュタット戦には特に問題はない。
Lukasz Piszczek
だがその一方で同じく欠場となったウカシュ・ピシュチェクは心配な状況にあるようだ。「昨日の練習の終盤に負傷した。とても残念だし、診断結果を待たなくてはならない。長期離脱を余儀なくされるのかどうかね」とトゥヘル監督は説明。
クラブ側の発表によれば同選手は臀部を負傷。2013年夏にもピシュチェクは臀部を負傷し、手術を受けるなど長期離脱を余儀なくされた。
代役に関してトゥヘル監督は口にせず「ポジションを狙う、信頼の置ける選手がいることを嬉しく思う」とコメント。

Roman Weidenfeller
考えれれるオプションとしてはソクラテス、さらに若いシュテンツェルの起用が考えられるだろう。

なおこの試合でゴールを守るのはロマン・ヴァインデンフェラー。このことは既に先週トゥヘル監督が明言していたことだ。

ヴァイデンフェラーは国際マッチで豊富な経験を持つ選手。

これまで53試合(うち1試合はカイザースラウテルン時代)に出場して、27勝17敗3分。チャンピオンズリーグでは35試合に出場している。

Thomas Tuchel試合前コメント

監督:トゥヘル
ぜひとも勝利を収めたい。
ロイスは欠場する。彼はドルトムントで個人練習を行っているよ。あくまで念のための措置だ。
ピシュチェクは昨日の練習終盤で負傷した。長期離脱を余儀なくされるのかは、見てみなくてはわからない。
グラードバッハ戦では少し、失っていた自信を取り戻せたように思う。
ここで再び国際マッチで力試しができることを嬉しく思うよ。
相手は英国スタイルのよく動くフィジカルなチームだ。我々としては試合を支配したいし、いい答えを見出せるように希望している。
より早く、より正確にプレーする必要があるだろう。守備に対する姿勢も変わることになる。人工芝の上では普段のように守備をするわけにも、ボールを扱うわけにもいかない。ただ自分たちとしては、こちらの有利性を引き出していきたいね。
自分たちのことを考えることだ。それが重要なことだよ。芝にも審判にも観客にも左右されてはいけない。
大差がつく試合にはならないだろうが、我々にとっていい試合になることを期待している。できればいい結果もね。
Marcel Schmelzer
SB:マルセル・シュメルツァ
コンディションの悪い天然芝でプレーするよりも、人工芝のほうがマシだとは思うね。
とにかく重要なことは、自分たちのことを考えるということ。チームとして、これは僕たちにとっての1つのチャレンジなんだ。


… 開幕戦は素晴らしかった
そんなすぐに満足してしまう理由なんてないよ。ちょっと大げさじゃないかな。ただ僕たちは、昨シーズンのことは完全に消化したけどね。
… トゥヘル新監督について
新しい手法で取り組んでくれている。
… ドルトムントのポテンシャルについて
もしも自分たちのポテンシャルを発揮できれば、相手にとって難しいものとなる。そして一度僕たちを乗せてしまったら、プレーの喜びを奪いさることは困難だよ。
kicker.de

最近のドルトムント関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報