ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月20日

バイスターが負傷、デ・ブラシスは回復

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|マキシミリアン・バイスターが骨髄浮腫を左ひざに抱え、2・3週間の離脱に入ることが明らかとなった。
Zwangspause: Der Mainzer Flügelstürmer Maximilian Beister hat sich ein Knochenmarködem im Knie zugezogen.
シュミット監督によれば、同選手は「落ち込んではいない。どう戦っていくのか、それを彼は既に学んでいる」とのこと。
さらにこの日の練習ではラッツァが打撲で練習を中断している。
定位置争いをしていく上でリズムがまだ欠けていると考えるシュミット監督は、集中的に練習を行った結果一歩後退してしまったことには驚きを感じてはおらず「ランニングはできるんだ」とコメント。代表選期間を利用してメンバー入りを目指していく。
また膝の内側じん帯の部分断裂から復帰を目指しているデ・ブラシスについては、指揮官は「彼がとにかく意欲的なのが見て取れるよね」と賞賛。
あと5・6回の練習で復調を果たせると考えているという。
果たしてグラードバッハ戦には間に合うのだろうか?シュミット監督は「あまりメディアの前で希望を口にしたくはないのだが、しかしジョーカーとしての起用は考えられるね」と語った。
kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報