ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月20日

カリジュリとペリシッチの出場が疑問視

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルフスブルク|土曜午後に行われるケルン戦では、引き続き守護神ベナリオとドイツ代表シュールレを欠いて臨むことになるヘッキング監督だが、さらにイヴァン・ペリシッチとダニエル・カリジュリの出場も危ぶまれているところだ。
Oczipka vs. Perisic (r.)
開幕戦では出場のなかったカリジュリだが大腿筋に硬化がみられており、一方で先制弾を挙げたペリシッチはオチプカとの対人戦で膝の関節胞を損傷している。
ただしヘッキング監督は両選手の出場に向けて「二人とも間に合うと希望をもっている」と前向きに語った。
だがたとえ欠場したとしても、特に不安を抱えるわけでもない。「我々には十分にオプションがある」
もしも2選手が欠場となった場合、考えられる方法としてはヴィエイリーニャを右の前にシフトして右SBにユングもしくはトレーシュを起用、左では開幕戦と同様にデ・ブライネを左に配置してクルーゼを2トップで起用することなどがある。
kicker.de

最近のヴォルフスブルク関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報