ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月19日

ヴランチッチ「文句をいうタイプではない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルムシュタット|今夏にクラブ史上最高額の移籍金で加入したマリオ・ヴランチッチ。だが開幕戦で出場機会が巡ってくることは、最後までなかった。



Darmstadts Mario Vrancic
「もちろん出場機会がくることを希望していた。そうならなくて残念だけど、でもチームがうまくいったことはとても喜んでいるよ」と語ったヴランチッチ。
監督とはコミュニケーションがはかれており「監督の理由についてはわかっているし、それをアクセプトしている。これから練習で良くなっていくように頑張るよ。それで監督が見過ごせずに、僕はプレーできるようになるさ。そういった部分は話し合っている。ただ詳しい内容は口にできないけど」と述べている。
ボランチではこの日出場したゴンドルフとニーマイアー、さらにはシュタークや、この試合で右SBとしてプレーしたユングヴィルトも控えているが「定位置争いは激しい。それはしょうがないことだし、いいパフォーマンスを長い間みせるということ。そうじゃないと他の選手がチャンスを得ることになるんだ。」とコメント。起用されなかったことへの不満は口にしないことも強調している。
「文句を口にするようなタイプではない。個人のことの多くは横に置いておかないと。監督が別の11人を起用したいと考えるなら、それは僕にとってはオーケーだよ」
次節のシャルケ戦での出場を希望したいところではあるが、しかしハノーファー戦でいい戦いを見せている以上、シュスター監督はあまり入れ替えを行おうとはしないだろう。
kicker.de

最近のダルムシュタット関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報