ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月19日

ケルン、入場禁止処分を撤回

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|今節行われるヴォルフスブルク戦から、FCケルンの全てのファンが入場を許可されることが明らかとなった。



Fans des 1. FC Köln
今年2月のグラードバッハとのダービー、さらに昨年10月デュイスブルク戦でのファンがとった行動から、DFBはケルンに対して20万ユーロの罰金と、3試合のホームでの部分的無観客試合とする処分を言い渡している。
そしてケルンは過激なファングループ『BoyzKoeln』をファンクラブ(AG Fankultur)の登録から抹消し、メンバーの大半に対して50のスタジアムへの出入禁止処分を命じた。
しかし他の急進的なファングループがボイコット運動を行っており、その間にケルンは徐々にスタジアムの出入禁止処分を緩和。1ヶ月前にはBoyzKoelnはファンクラブに再登録されている。
クラブ側の発表では「AG Fankulturの推薦に従うことにする。数ヶ月にわたってグラードバッハ戦での出来事を細部にわたってオープンに話し合い、全てのファングループがスタジアムでの確かな措置をとってクラブに迷惑をかけるべきではないという結論に至った」と説明。
ただしその一方で、ファングループ『Suedkurve1.FCKoeln e.V』は、あくまで自分たちの手で処分を行っていくこと、そして禁じられているものの火器類の使用を宣言した。
kicker.de

最近のケルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報