ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月19日

マイヤー=フォアフェルダーDFB名誉会長が他界

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|DFB名誉会長ゲルハルト・マイヤー=フォアフェルダー氏が、月曜に他界した。82歳だった。ニースバッハDFB会長は「ドイツサッカーの象徴的存在を失った」と語っている。



Gerhard Mayer-Vorfelder
マイヤー・フォアフェルダー氏は、1975年から2000年までVfBシュトゥットガルトの会長を務め、1986年から2000年まではDFBの役員にも就任。9年間の副会長職を経て、2001年にDFBの会長(2004年からツヴァンツィガー氏と兼任)となった。さらに2007〜09年までUEFA副会長を務めており、2007年からFIFAの名誉会員とDFBの名誉会長に、2009年からはUEFAの名誉会員となっている。

なお同氏には妻と子供4人がおり、シュトゥットガルトの入院先の病院で家族に見守られながら息をひきとったとのこと。
kicker.de

シュトゥットガルト関連記事