ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月18日

期待の若手ブルックスには「こういうこともある」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルリン|土曜日にアンソニー・ブルックスが出場したポジションは、再び不慣れなMFだった。今夏には米国代表に参加して出遅れた同選手に代わり、ダルダイ監督はオフからラングカンプ/ルステンベルガーのコンビを起用している。




Brooks, John Anthony
「終盤ではジョンはとてもうまくやってくれていた。リーダーとしてプレーしていたよ。私が希望する、別のブルックスだった。彼は素晴らしいCBだね」
そうダルダイ監督から評されたブルックスは、ヘルタが2019年までの延長を希望。マネージャーのプレーツ氏も「うちが将来目指しているスタイルに、ジョンは向いているんだ」と期待を述べていた。
だが「ラングカンプとルステンベルガーがとてもいいプレーを見せている。彼には不運な状況だ」とダルダイ監督。
「ただ時間がきたらプレーすることになるよ」とも述べており、「このまま成長していくなら、いつかヘルタで主将を務めている可能性もあるだろう。ジョンはとてもいい若手で、素晴らしいサッカー選手。ただ人生ではこういう時もあるということさ」と期待の若手の奮起を望んでいる。
kicker.de

ベルリン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報