Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月18日

負傷をこらえてプレーしたグロス

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴルシュタット|インゴルシュタットの中盤でプレスをかけ、チームに貢献しているパスカル・グロス。だが同選手は先週の半ばに捻挫を抱え、開幕戦での出場が危ぶまれていた。




Baute bis zur kurz vor Anpfiff auf den Einsatz von Pascal Groß: FCI-Coach Ralph Hasenhüttl.
「先週で最悪のニュースだった。試合が始まるまでは、すべての可能性を考える必要があった」と明かしたハーゼンヒュットル監督。

だがそれでも80分間プレーしたMFは「すべて完璧だったといえば嘘になる。金曜の時点ではほとんど希望をもてない状況だったんだ。試合中でも痛みがあったし、頑張らなくてはならなかったよ」と試合を振り返った。

「ただそういったやる気が、逆にチームに悪影響を与えなければと思った」

そしてクラブ史上初のブンデスの試合で、ブンデス1部初勝利をアウェイで達成。

グロスは「昨年でうまくやれていたことを見せられたね。どの選手もお互いのためにプレーしていた。みんな得点されないように全力を尽くしていたよ」と述べ、無失点での勝利に「素晴らしいスタートだ。とても勇気を得ることができるね」と語っている
kicker.de
最近のインゴルシュタットの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker