ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月14日

ダルダイ監督「プラン通り」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルリン|チームバスの襲撃に見舞われながらも、ポカール1回戦を無事に突破したヘルタ・ベルリン。ダルダイ監督はブンデス開幕戦を前に、ポカールと同様に「うまくプレーしてほしい」と選手達に要望した。
Hertha-Trainer Pal Dardai
監督:ダルダイ
ブンデスはポカールとは別物だ。ビーレフェルト戦は全体的に少しスローだった。選手達にはブンデスのプレッシャーの中でも、うまくプレーしてほしい。
ただアウグスブルクにはうまくプレーするために行くのではなく、勝ちに行くのだがね。現時点ではプラン通りにこれている。もしもプラン通りに練習できていなければ、私は不安を抱いたことだろう。しかし今はプラン通りに取り組めているよ。
より支配したサッカーをしたい。ただリアクションをするだけではなくね。ポカールではそれができた。当然もっと目的意識をもってやらなくてはならないが。
もしも今シーズン、我々が2部に降格しなければ、我々はいい取り組みができたと振り返ることができるだろう。
上位6チーム以外に関しては、その日次第、そして運次第という感じだ。35%はサッカーでは運だと思っている。
毎年予期せぬクラブが降格したり、前半戦ではよくとも結局降格、もしくはほぼそうなりそうなクラブというのはできてきているんだ。
背中を負傷しているラングカンプは、まだ問題を抱えた状態だ。もしも最終調整に参加することができれば、彼はプレーすることになるだろう。
長期負傷から復帰を目指すバウムヨハンに関しては、我々は復帰してすぐに担架で運び出されるような使い方はしたくない。彼は重要な選手のい一人なんだ。彼が確信と安定感を感じたときに、私に伝えてくれるようにしている。そのとき、私は彼を帯同させ
るよ。
kicker.de

ベルリン関連記事