ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月13日

ラバディア監督「チャンスかもしれない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|バイエルンとの開幕戦を控え、ラバディア監督は「我々は1部残留を果たしたというのに、公からはマイナスのイメージをもたれていた。そしてポカール敗退で批判の機会を与えることになったよ。辛いね」と語った。
Bruno Labaddia
さらにクネーベルSDのリュックサックが公園で発見されるという事態も発生。
だが元ブンデスFWは「結束をより強めていくということ。我々にとってチャンスとなるかもしれないよ」と希望。ただし「過去には、公からのプレッシャーに合わせてしまいうまくいかなかったんだ」とも付け加えている。
水曜日にはバイエルスドルファーCEOがクネーベルSDを支持する考えを示しているが、ラバディア監督も「我々はここで1つのチームとなっている。だから現在の体制を継続していくことは非常に重要なことだと思うよ」との見方を示した。
kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報