Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月11日

クネーベルSDのバックが盗難に遭うも戻る

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|ビルト紙が報じたところによれば、ペーター・クネーベル氏の荷物がエルベ川近くの公園で発見されたという。
Peter Knäbel
その中にはサラリーリストやスカウティングレポートなど、重要な書類が含まれていたが無事だった。
ハンブルクによれば、最初に38歳の女性から連絡を受けた時は耳を疑ったという。
クネーベル氏は女性に感謝の言葉を述べた上で、すでに盗難で訴えを起こしており、ハンブルクはツイッターで「話としては:荷物が盗まれ、訴えを起こし、書類は戻ってきて、女性に感謝。あとはいいサッカーを見せるだけ」と報告した。


Bruno Labbadia spricht am Montag zu seinen Spielern
ラバディア監督は、批判にさらされているクネーベル氏に対して「我々は皆、彼の味方だよ」とコメント。あくまでクネーベル氏は盗難の被害にあったのであって、盗難をしたわけではないのだが。
夕方にはバイエルスドルファーCEOとゲルナント相談役会会長が、クネーベル氏が引き続き、SDを務めていくことを強調している。
「我々はここ数年間で信頼を失ってしまったんだ。昨季の終盤で少し取り戻したのだが。今はまた皆が、また何にもならないと口にしている。これは避けないと」とラバディア監督。
先日のポカール1回戦については「最悪だったのは、ボディランゲージが特になかったことだ。ポカールで勝利できていれば、バイエルン戦を前に助けとなったことだろうに。だがもうどうしようもない。我々は軽率だったんだ。バイエルン戦ではもっと結束して立ち向かわないと」と述べ「それでも圧勝することはないだろうがね」と落ち着いた表情も見せていた。
kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker