Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月10日

「ババは誇りでもある」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|kickerとのイタビューの中でヴァインツィール監督は、チェルシー移籍が伝えられるアブドゥル・ラフマーン=ババについて語った。

Abdul Rahman Baba
「当然、全ての選手たちとこれからも一緒にやっていきたい。だがババのように2部から獲得して、チェルシーのようなクラブから関心を得るというのは誇りでもあるさ」
そう語った指揮官は、さらに「一昨年のオスチョレクに続き、また左SBが他クラブから興味を得るというのは目立つよね」と言葉を続け、「うちではSBに関してはとてもアクティブなんだ。そして左ではヴェルナー、アルティントップ、そしてバイアーのような選手たちといったとてもいいチームメイトとプレーするというメリットがある。ババはうちのプランをうまく遂行し、自身をアピールできているよ。もちろん個別に彼と多くのことに取り組んではきたが、それは他の選手にとっても同じことだ」と説明している。
またアウグスブルクではババ、ハーン、ボバディジャといった若手選手がとても良い成長を遂げたがこのことについては「チームが機能しているんだ。若手選手や過去に問題を抱えていた選手にとっては良い環境だよ」との考えを示した。
kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker