ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月09日

移籍情報:8月中旬

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sebastian Polter



※タイトルが赤字のものは1部関連、青字は2部に関する記事



既報通りコンスタンティノス・スタフィリディスが、レバークーゼンからアウグスブルクへと移籍した。契約は延長オプションつきの2016年までで、移籍金は250万ユー ロ。ただし300万ユーロにまで上乗せされる可能性もある。マネージャーのロイター氏は「若いながらも英国、ギリシャ代表での経験も培った選手。ここでさらに成長していけると確信しているよ」と語った。
08/20, 18:25
Finne: Leihe zum FCK? - Schmadtke: 2部カイザースラウテルンがケルンのバード・フィネ、さらに長澤和輝に関心を示している。ただ長澤の獲得は非現実的のようだが、マネージャーのシュマッケ氏は「フィネのレンタルは1つのオプションだ」と語った。1シーズン出場経験を積んで、再びケルンに戻るということが考えられるだろう
08/20, 07:21
ダンテのレバークーゼン移籍はあるのか?同選手の代理人はkickerに対し「なにも我々には届いていません。現時点では移籍の意思はありませんよ」と語った。 一方のレバークーゼンは、守備の要トプラクが前半戦絶望の危機にある。フェラーSDは「パニックになる必要はない」と述べているが、ダンテの問題は600万ユーロの年俸とみられる。
なお既にドゥットSDは既に後釜の獲得に着手、そのうちの一人がドルトムントのマティアス・ギンターのようだが、ドルトムント側には同選手を手放す意思はない。
その一方でシュトゥットガルトは、プリンス・オセイ・オウォスと3年のプロ契約を締結した。
既報通り、アントニオ・リュディガーのASローマ移籍が確定した。ファイナンシャル・フェアプレーに適応するために買い取りオプションつきのレンタルという手法が取られ、2017年まで契約を残していたシュトゥットガルトは移籍金およそ1300万ユーロを手にすることになる。r
08/19, 18:29
2部ボーフムのヘンリク・グルデンが実戦経験を積むため、母国ノルウェーの昇格組ミェルダレンに年末までレンタル移籍することとなった。
08/19, 17:15
アウグスブルクが、コンスタンティノス・スタフィリディスの獲得に迫っている。21歳の左SBの獲得には移籍金250万ユーロが支払われる模様で、さらに300万ユーロにまで上昇する可能性もあるようだ。レバークーゼンでは苦しんだ同選手だが、これからは新加入マックスとともにババが抜けた左SBで先発を争うことになるだろう。
ペトル・イラチェクの移籍が迫っている。昨日行われたカリアリとのテストマッチで姿を見せなかったチェコ人MFだが、スパルタ・プラハに移籍することになりそうだ。ただまだ金銭面で折り合いが付いていない模様。ラバディア監督は「移籍の可能性がある」ことを認めながらも「まだ話し合わなくてはならないことがある」とも付け加えている。
08/19, 16:16
Hertha BSC gibt Mittelstädt einen Vertrag bis 2018ヘルタ・ベルリンはマキシミリアン・ミッテルシュテートとプロ契約を締結した。18歳の左SBとの契約期間は2018年まで。シーズンはじめからトップチームの練習に参加しているミッテルシュテートは、昨季はAユースで22試合に出場、今季はU23で先発に名を連ねている。
08/19, 03:00
アウグスブルクがコンスタンティノス・スタフィリディスに関心を示している。21歳の左SBは2013/14シーズンにレバークーゼンに加入、しかしアピールできない状況が続いており、フラムへとレンタル移籍していた。確かにレバークーゼンは移籍に応じる考えはあるものの、しかしどんな値段でも構わないというわけではない。
ニコ・シュルツのグラードバッハ移籍が発表された。22歳のU23代表は火曜日に2019年までの契約にサインしている。エベールSDは「ニコは左サイドの前後でプレーが可能であり、うちのチーム編成にとてもマッチしているよ」と獲得した理由についてコメント。一方のヘルタ・ベルリンでマネージャーを務めるプレーツ氏は「彼の15年間に心から感謝する。そして今後の成功を願っているよ」とエールを贈った。
08/18, 06:13
2部フライブルクのシュテファン・ミトロヴィッチが、ベルギー王者KAAヘントへレンタル移籍することとなった。買い取りオプション付き。昨夏に加入した25歳だが、2部降格を喫した今季はいまだ出場がない状況が続いていた。


08/17, 23:43
昨季3位のグラードバッハを相手に、4−0で勝利とこの上ない出だしを見せたボルシア・ドルトムント。その中にはブラスチコフスキやグロスクロイツ、ライトナーらの姿がメンバーにもなかったが、もうドルトムントに彼らの将来はないのだろうか?ツォルクSDは名前こそあげなかったものの「多少のチーム編成の変更」の可能性について言及している。
08/17 21:23
まもなくしてドゥフナーSDとの契約を解消するハノーファー。今後はCEOとSDによる体制の構築を目指す考えであることをキント会長は明かしているが、そんな中でドルトムントでスカウト部長を8年務めるスウェン・ミスリンタート氏を注視している模様。すでにコンタクトはとっているようだが、まだ正式なオファーは出されていない。
ケヴィン・デ・ブライネを巡る駆け引きは続いている。kickerが得た情報によれば、今夏での獲得を目指すマンチェスター・シティが移籍金6000万ユーロを先週提示したようだが、さらにヴォルフスブルクは間もなくしてエ・ブライネに契約の更新をオファーする模様。だがもしもこれに断りが入れられれば、即座に移籍へと動く可能性は高いといえるだろう。
08/17, 20:32
アントニオ・リュディガーの移籍が、ついに具体化してきた。ドイツ代表DFは月曜にローマに到着、そこでメディカルチェックを受けることになる。以前にシュトゥットガルトは移籍金として1800万ユーロを求めていることが伝えられているが、ローマはファイナンシャル・フェアプレーに対応するために買い取りオプションつきのレンタルで獲得する模様。
08/17, 19:18
オスカー・ヴェントがグラードバッハとの契約をさらに2年間、2018年まで延長したことを発表した。エベールSDは「オスカーは最近数年間で主力にまで成長を果たした」と評価、「彼が もつ国際経験は、特に今シーズンこの若いチームにとって非常に重要なものとなるだろう」と述べている。スウェーデン代表として25試合の出場経験をもつ左SBは、グラードバッハではこれまでブンデス80試合に出場してきた。
08/17 15:32
古巣フランクフルトとの開幕戦では、セバスチャン・ローデはベンチメンバーからも外された。移籍が迫っているのだろうか?フランクフルトでは同選手の復帰を長い間思い描いているところだが、果たして・・・。
 08/17, 03:31
Rüdiger: Am Montag Medizincheck in Rom?
ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーのASローマ移籍が迫っている。数日以内にも確定する可能性があるようで、スカイイタリアが報じたところでは明日月曜にもメディカルチェックを受ける模様だ。買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍になるとみられている。
アブドゥル・ラフマーン・ババのチェルシー移籍が完了した。21歳の左 SBは日曜、ミュンヘンで契約書にサイン。移籍金は約2000万ユーロながら2500万ユーロまで上がる可能性がある。なおそのうちの15%は古巣フュルトが、一部はババの代理人が手にする。
08/14, 22:42
ヘルタとの開幕戦の直前、ラウル・ボバディ ジャとヤン=イングヴェア・カルセン=ブラッカーとの契約を延長したことをアウグスブルクが発表した。ボバディジャとは今季まで、カルセン=ブラッカーとは来季までの契約となっていたが、ともに2018年まで延長している。
またアブドゥル・ラフマーン=ババの移籍について、マネージャーのロイター氏は「まだサインが済んでいない。数日以内には完了すると見ている」と語った。なおババは特に発言はしていない。
08/14, 20:10
2部カイザースラウテルンは、同じく2部1860ミュンヘンからシュテファン・ムゴサを獲得した。23歳のFWは、昨季後半戦ではアウエにレンタル移籍していた。
既報通りジャンルカ・クルチを獲得した。30歳のGKは最近ではASローマからボローニャへとレンタル。移籍金は発生せず、2年契約を結んでいる。同選手にはカリウスのバックアップとして期待されているところだ。
08/14, 04:51
スカイ・イタリアが報じ、kickerが確認したところによれば、マインツは最近ボローニャにレンタルされていたジャンルカ・クルチの獲得に迫っている模様。30歳のベテランとは2年契約を締結する模様だ。ベテランGKには、カリウスのバックアップとして期待される。
8/14, 02:30
グラードバッハからサプライズだ。kickerが得た情報によればU23代表ニコ・シュルツ獲得に関心を示している模様。所属するヘルタが延長をオファーしている一方で、すでにジェノア、サンプドリア、さらにはホッフェンハイムからも関心が伝えられているところだ。グラードバッハとしては、ヴェントに次ぐオプションを模索している模様で、現在離脱中のドミンゲスの状態も影響を与えているのかもしれない。
アブドゥル=ラフマーン・ババのチェルシー移籍が間近に迫っている。ガーナ代表は木曜にパリでメディカルチェックを受けた。これはビザの関係によるものであり、まもなくして21歳のSBは5年契約にサインすることになる。
8/14, 00:33
FCバーンレイは金曜、2部カールスルーエからルーヴェン・ヘニングスを獲得したことを発表した。27歳のFWは2018年までの契約にサイン。昨年のブンデス2部得点王は「経験を得るために大きなチャンスだ」と移籍の理由について述べている。
ブンデス開幕戦を前日に控え、ダルムシュタットはボローニャから、ギョルギ・ガリッチを獲得した。31歳の右SBは2017年までの契約にサイン。オーストリア代表として40試合の出場経験を持ち、セリエAでは通算185試合でプレーした。シュスター監督は「彼のもつ経験とクオリティは、我々がブンデスで戦っている上でまさに求めているものだ」と喜びを述べている。
8/13, 20:06
すでに移籍で基本合意には達していたのだが、正式にジェファルソン・ファルファンのアル・ジャジーラ移籍が決定した。シャルケでブンデス170試合に出場し、39得点、49アシストをマークしてきた30歳のペルー人ウィンガーは、同クラブと2018ん絵までの契約にサインしている。
08/13, 23:26
Neuer Rechtsverteidiger: Augsburg verpflichtet Opareロニー・フィルプが2部ハイデンハイムに移籍したアウグッスブルクは、フェルハーフのバックアッパーとして、ポルトからダニエル・オパレ(24)を獲得した。ババとガーナ出身のSBは、両サイドでプレーが可能。最近ではベシクタシュへとレンタル移籍しており、今回の獲得には移籍金は発生しない。契約は2016年まで。
08/13, 22:09
クロアチア期待の若手アレン・ハリロヴィッチのハンブルク移籍は成立しなかった。バルセロナ側は実戦経験を積ませるためにレンタル移籍を模索しているものの、ハンブルクはTwitterにて「バルセロナのアレン・ハリロヴィッチ選手の獲得を見送る決断を下しました。我々は希望する出場機会を保証することができません」と報告している。
08/13, 20:23
マネージャーのホルスト・ヘルト氏は、ティロ・ケーラーと「私、そしてブライテンライター監督とで話し合いを行った」ことを明かし「これからまずは、U23のトレーニングに参加する」と述べた。インテルへの移籍騒動があった同選手だが、ヘルト氏は「不運な環境に陥る、そのようなアドバイスを彼は受けたのだと、我々は考えている」と語っている。
08/13, 19:03
Rummenigges Ansage: De Bruyne nicht zu Bayern!
バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルメニゲCEOは、ケヴィン・デ・ブライネ争奪戦には参戦しないことを明かした「ヴォルフスブルクの悩みの種は作らない。それはアロフス氏にも約束できる。これにより情勢は、ヴォルフスブルクかマンチェスター・シティか、となりそうだ。
さらにルメニゲ氏は「これ以上、移籍市場でアクティブにならない」とコメント。噂されるユベントスのキングスレイ・コーマンは考えにないようだ。
さらに同氏は、マンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられるトーマス・ミュラーについて「彼に値段はつけられない」と売却に応じない考えを強調。

さらにマリオ・ゲッツェがバイエルン残留を決断したことも明かした。「クラブ側に残りたい、ここでやっていきたいと伝えてきたよ」
ロニー・フィルプが、2部ハイデンハイムへ移籍することとなった。レーゲンスブルクから2012年にアウグスブルクに加入した同選手だが「負傷に見舞われ苦しんだ時期もあった」ものの「アウグスブルクで素晴らしい時間を過ごした」と語った。なお昨季はフュルトにレンタル移籍していた右SBは、ハイデンハイムと2019年までの契約を結んでいる。

またハイデンハイムは、昨季で契約が切れていたロベルト・シュトラウスと単年契約を締結。2012年1月に加入した28歳は、ここまで公式戦120試合に出場。ただし現在は靭帯結合部に負傷を抱えているため、あと6週間は離脱を余儀なくされる。
アイントラハト・フランクフルトは、2016年までとなっているブルーノ・ヒュブナーSDとの契約を、来週にも2018年まで延長する模様だ。
Wunschspieler Aranguiz bei Bayer gelandetチャールズ・アランギス争奪戦を、ついにレバークーゼンが制した。チリ代表とは水曜、2020年までの契約を結んだことが発表されている。インテルナシオナルには、移籍金1200万ユーロが支払われる模様だ。
08/13, 16:07
Hrgota auf Hoffenheims Zettel
特に左サイドの補強を目指すホッフェハイムは、グラードバッハでの出場機会の確保に苦しんでいるブラニミール・ホルゴタをリストアップ。同選手はCFとしてもプレーが可能だ。グラードバッハとの契約は2016年まで。
その一方でヘルタ・ベルリンのU23代表ニコ・シュルツにも関心。まさにホッフェハイムが求めるタイプにマッチするMFは、ヘルタ・ベルリンとの延長交渉が凍結しており、延長に至らなければ売却に動くことはすでにヘルタ・ベルリンは示唆している。
08/13, 03:50
昨季はシュトゥットガルトへレンタル移籍していたオリオル・ロメウ(27)が、サウサンプトンとの3年契約にサインした。リード氏は「サウサンプトンにマッチする選手。若く、ハングリーで、うまく育成されてきた」との評価を述べた。
08/13, 01:44
水曜日にエディン・ジェコがASローマに1年間の期限付きで移籍することが発表された。2011年にヴォルフスブルクからマンチェスター・シティへ移籍したボスニア・ヘルツェゴビナ代表は、2012年と2014年にタイトルを獲得。これからは戦いの場をイタリアへと移す。
Gacinovic hat endlich unterschriebenミヤト・ガチノヴィッチがフランクフルトとの4年契約にサインした。U20W杯を制したセルビア人MFは、移籍金15万ユーロでフランクフルトに加入する。ヒュブナーSDは今回の獲得について「将来への投資」という言葉で表現した。
08/12, 07:36
最近ではマラガとのつながりが指摘されていたマルコ・マリンだが、ブンデス復帰の可能性もあるのだろうか?デイリーメイルが報じたところによれば、元ドイツ代表はレンタルにて、アウグスブルク移籍間近に迫っているという。ブレーメンからチェルシーに移籍して以降、ここまでレンタル移籍を繰り返してきたマリン。その一方でアウグスブルクはそのチェルシーと、ババの移籍で交渉を行っているところだ。
2部パダーボルンのDFウーヴェ・ヒューネマイアーが、英国2部ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンへ移籍することとなった。
08/11, 01:16
シェルダン・シャチリがプレミアのストーク・シティへ移籍することとなった。スイス代表との契約期間は5年で、移籍金は1700万ユーロ。
アレクサンドル・マキシムがシュトゥットガルトとの契約を2019年まで延長した。2013年1月に加入して以降、ここまでブンデス66試合に出場してきたルーマニア人MFは「延長で合意に達して嬉しいよ」と喜びを語った
さらにシュトゥットガルトは昨季ブンデスデビューを果たし、合計20試合に出場した19歳CBティモ・バウムガルトルとも延長。期待の若手とは2020年までの契約を結んでいる。
08/11, 20:54
2部ウニオン・ベルリンのオリヴァー・オシュケナト(21)が、契約を解消してハンブルクU23に加入することが明らかとなった。
Hoffenheim schnappt sich Youngster Dehm2部カールスルーエは、ホッフェンハイムからU20代表グリシャ・プリョーメルを獲得することを認めた。右SBでもMFでもプレー可能な20歳は、ホッフェンハイムとの契約を2016年まで残している。
その一方で逆にカールスルーエと1年の契約を残すヤニク・デーム(19)がホッフェンハイムに移籍する模様。同選手もまた右SBとMFでプレーが可能だが、こちらはまだホッフェンハイムから認めるコメントは出されていない。
08/11, 18:48
既報通りマルセロが、ハノーファーとの2017年までになっていた契約を2018年まで延長した。2013年に加入したブラジル人CBの契約には、今回は例外条項は含まれていない。
08/11, 17:22
Petkovic
昨季まで2部ブラウンシュヴァイクに所属していたマルヤン・ペトコヴィッチが、昇格組ダルムシュタットのテスト生として参加。36歳ベテランは第3GKが期待されており、これまでブラウンシュヴァイクではブンデス1部5試合、2部12試合、3部73試合に出場してきた。
08/11, 07:10
イヴァン・ペリシッチに関心を示すインテル。同選手に対するサラリーのオファーは好条件ながら、ヴォルフスブルクが求める移籍金2000万ユーロは提示できていない状況だ。確かにシャチリのストーク・シティ移籍によって、インテルは1700万ユーロを手にするが、大した影響を及ぼすことはないだろう。移籍の可能性は低いはずだ。