ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月06日

フェルハーフ「勝つ義務がある」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|昨年はポカール1回戦で辛酸を舐める結果となったFCアウグスブルク。主将のフェルハーフはエルフェアスベルクとの一戦を前に、警鐘を鳴らした。

Paul Verhaegh
主将:パウル・フェルハーフ
僕たちは勝たなくてはならない、その義務がある。
昨年のマグデブルク戦では自らの首を絞めてしまった。エルフェアスベルク戦も彼らと比較てきる相手だ。
僕たちはとにかく集中して取り組んでいく。得点を早く入れられれば、気持ちがリラックスするkとがよくあるよね。
毎年サプライズは起こってしまうものだけど、当然自分たちが悪い意味でその役割を演じたくはない。
僕たちはしっかりと準備しないと。
みんな準備期間が終わって、これからシーズンが始まるという喜びを感じているよ。
kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事