ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年08月06日

グアルディオラ監督、デ・ヨングを批判

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|デ・ヨングのファウルにより負傷交代を余儀なくされたジョシュア・キミヒ。ファウルは決して意図的なものではなく、交代もあくまでリスクを避けたものに見え、実際に大腿筋の打撲のみせ済んだことが発表された。
Joshua Kimmich
しかしグアルディオラ監督は試合後に苛立ちを見せており、デ・ヨングに対して「ジョシュアを思うと心が痛いよ。決勝でも、その次でもプレーすることはできない」とコメント。その一方でキミヒに対して「これから10年間で、ドイツのベストプレーヤーになるだろう」と賛辞を贈っている。
これに理解できないのがミハイロヴィッチ監督だ。
同氏は「我々はサッカーをしているのだ、バレエではないのだよ。ファウルはサッカーでは起こりうるもの。それにこれは親善試合ではなく準備期間でのトーナメントなんだ」と反論。デ・ヨングも「サッカーはエモーションもつきものではあるけど、でも対人戦だってつきものだよ」と述べた。

kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報