ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月30日

ディアス「監督に難しい判断をさせたい」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|試合後ラバディア監督は、決勝点を許した場面についてファウルでも止めるべきだったと苦言。これに対しディアスは「止めたかったんだけど」とあの場面について振り返った。
Diaz (r.) vs. Meyer
今季は激しい定位置争いにさらされているディアス。
「僕のポジションには多くの、いいオプションがあるよ」
ハンブルクの中盤には新加入のエクダル、ホルトビー、若手ユングさらにDFもこなすカチャルらが控えている。

その一方でディアスは、昨季の入れ替え戦では値千金のFKを決めたものの、今夏はコパ・アメリカ参戦で出遅れた。
「監督は状況について話してくれている。確かにタフなことだけど、でも理解はしているよ」
なおラバディア監督はこれまでのロングボールの多用から考え方を変化。このことについてディアスは好意的に受け取っている。
「クラブ全体に落ち着きがあるし、プレー自体がみえている。監督はサッカーをさせようとしているね」
ただ今回の先発では決勝点での失点に絡むという辛いものとなったが、それでもディアスは先発奪還に向けて闘志を見せた。
「できるだけ、監督に難しい判断をさせていきたいね」
kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報