ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月30日

シュミット監督「カウンターを学ぶ必要はない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|王者バイエルンに続く試合は、昇格組ダルムシュタット戦。しかしシュスター監督は「何も我々はまったく新しいものを作り出すのではない。むしろ自分たちのサッカーをよりよくして、やり通していかなくてはならないのだ」と語った。
Martin Schmidt
「(支配率が上がるが)カウンターサッカーについて覚える必要はないよ」と指揮官。
ドルムント戦ではアシスタントとともにスタジアムを訪れていたが「もともと持っていたイメージを、あの試合で確認することができた」とコメント、非常にフィジカルで、スイッチプレーのクオリティをもち、闘争心溢れる厄介な相手がそこにいた。
一方のマインツは、バイエルンに50分過ぎまで無失点に踏ん張ったものの0−3で敗戦。
「もしも我々が強固にしっかりとしたディフェンスを行えていたのなら、ドローに持ち込むこともできただろう。しかしバイエルンはそれをこじあけ、さらに追加点を挙げてしまった。あの日はうまくできなかった」とシュミット監督。
なおFWコルドバについては「大腿筋裏にまた少し違和感がある」ことを明かし、「走ったりして運動は行っているのだが、ジョーカーとして起用できるかどうかは様子見という所だよ」と述べている。
kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報