Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月30日

ドゥット氏がツォルニガー監督を信頼し続ける理由

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|今節は最近2連敗中のホッフェンハイムとの一戦が控えているシュトゥットガルト。しかしマネージャーのドゥット氏は「我々の状況では、相手がどこだろうと大して重要ではないさ」との見方を示した。
Steht weiter hinter Trainer Alexander Zorniger: VfB-Sportvorstand Robin Dutt.
「我々の目標は中盤に入ること。そしてそれを達成してみせる。監督の責任だと思えないうちは、彼が監督だ」
苦しい出だしの中でも信頼を寄せる理由ー、ドゥット氏はそこで3人の名前を挙げている。
「アウグスブルクでのマークス・ヴァインツィール監督の成功は、マネージャーのロイター氏の信じる気持ち無しではありえなかったことだ」
アウグスブルクは前半戦で最下位に沈みながらもヴァインツィール監督を続投。1部残留へと導き、今シーズンはクラブ史上初めてEL出場も果たした。
「ドルトムントのユルゲン・クロップ監督だ。前半戦を17位で折り返しながら、最終的にはチームはEL出場を果たしている」
そして最後に出てきたのが、昨シーズンのステフェンス前監督だ。9試合未勝利という危機的状況もありながら「我々はともに」1部残留を果たしている。
今回もそう願いたい所だ。
kicker.de

シュトゥットガルト関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker