ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月30日

スクリプニク監督「あと数%足りない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|リーグ戦3連敗となったブレーメン。しかしスクリプニク監督は「我々は決して危機的状況におちっているわけではない。ただ困難な状況ではあるが、しかし我々は前を向くよ」と語った。
Viktor Skripnik
「何も全てをネガティブに考える必要はないんだ。とてもネガティブ思考になってしまうと動けなくなってしまう。我々はポジティブに考えなくてはならないし、意識的に過去のことはうまく乗り越えるようにしなくてはならないよ。昨シーズンに時のようにね」
試合について分析したら、一晩寝てから選手たちに伝えるという指揮官。
「試合直後よりも少し声を荒げなくてすむだろうからね」そう説明した同氏は「何か不満を感じれば正直に選手たちに告げる。以前よりも私は声をあげるように、感情的になっているところがあるね」とも述べている。
「多くを語る必要はないさ。実践あるのみだよ」
昨シーズンと比べて「前進している」と見るスクリプニク監督は「最近はちょっとしたところだけ、あと数%というところが不足している」と考えており、「我々は燃料満タンで臨まないといけないんだ」と要望。
「私は変わるつもりはないし、スタイルを変えるつもりもない。我々は我々の道をこのまま歩み続ける」と自信を示した。
kicker.de
ブレーメン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報