Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月29日

フメルス「2試合も勝ち点を無駄にした」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|「ダルムシュタットは既に崩壊していた。意欲がなくなっていたんだ」と振り返ったフメルス。「あとは試合を終わらせるだけだったのに」しかし終了間際に逆に同点に追いつかれる結果となった。



Enttäuscht über erneuten Punktverlust: BVB-Coach Thomas Tuchel.
「僕たちは90分間ではもう勝利への意欲を持ち続けていなかった。そして15mの距離からフリーで打たせては、間違った対応をしていたと言わざるを得ない」
指揮官もフメルスの同調しながらも、「”人はもっとうまく守るべき”という言い方は、余りしっくりくるものではないよね。おそらくそこにはマッツ自身も含まれるという言いたかったのではないか」とコメント。
なおソクラテスが相手GKと接触する前にオフサイドのジャッジを受けたことについては「あれは4度目の線審によるミスだ。ひどいものだよ」と振り返ったが、問題となったのは線審によるジャッジだけではないとも指揮官は見ている。

「オーバメヤンの逆転弾で選手たちは大きな安堵感をもってしまった。それからゴールへのがむしゃらさが見られなくなったよ」
だがそれと同時に「あの展開から信じる気持ちを失わずにポジティブな気持ちであり続ける、というのは多くの精神力を要するものではなるがね」とも。
これでホッフェンハイム戦に続き、ダルムシュタット戦でもドローに終わったが、フメルスは「2試合もまったく不要な勝ち点のロスを演じてしまった」と苛立ちを見せ、「僕たちは4位との差を勝ち点差7までつけることができなかった。これが何よりも腹立たしいよ」と語った。

kicker.de

最近のドルトムント関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker